バター犬の舐め犬日誌
バター犬の私は、ご婦人様方にとってただのオナニー道具にすぎません。そんな私の活動日誌です♪
オナニーの日☆2018
下ネタに対してオープンな娘も、仲の良い友達に

「昨日彼氏とエッチしたぁ~♪」

とは言えても

「昨日オナニーしたぁ~♪」

とはなかなか言えないそうな・・・

う~ん、エモいですね~♡

そんな女性達の秘密の行為に
道具として呼び出して使って頂いてるバター犬は
本当に幸せ者だと感謝しておりますm(_ _)m

そしてこれからもバター犬は

オナニー好きな女性様方を

超~絶~怒~涛~~に応援致します!



d7a9d01fcf3c034690e98767c85a04d5.jpg

星に願いを☆
今日は七夕ですね~☆
みなさん願い事の短冊はもう書きましたか?
バター犬の願いはもちろん・・・

今年もたくさんペロペロ出来ますように♪



dhnftydhtg.jpg


心と体に癒しクンニを♪
進学・就職・転勤など

春から新生活を始められた女性のみなさん

新しい生活には慣れましたか?

特に今年は毎日寒暖差も激しく、心身ともに疲れが・・・

そんな時は1日マッタリ舐め犬を使って、

心と体をリフレッシュしませんかぁ?(*^o^*)

chapter_l_0064.jpg

舐め犬関係とは☆
昔、ネットで知り合った女性様とこんな話をした事があります。

舐め犬関係なんて、考えてみれば奇妙な関係だ。
相手の素性など、彼氏ほどは知らないわけだし。
内緒でメアドを変更したら、あっという間に途切れる不確定な関係。
それなのに、他の人間関係からは得ることがないような、
満たされた何かがある。


メアドだけで繋がる危うい関係でありながら、
一方で普通の人間関係よりも深い関係・・・
しかし、そういった関係だからこその舐め犬関係
なのかなぁ~って思います(*^^*)


彼氏には・・・
「恥ずかしくてクンニしてなんて言えなぁ~い(>_<) 」
「目の前でお○っこするなんて絶対無理ぃぃぃ~(>_<) 」

でも、舐め犬になら・・・
何時間でも舐めさせちゃうし、
口の中にも平気でお○っこしちゃう♪


そんな女性様が大好きなバター犬です(*^o^*)/

019.jpg

ながらクンニに目覚めたきっかけ☆
数年前、1人暮らしの女子大生様に自宅に呼び出されて
舐め犬御奉仕させて頂いた事があるのですが、
その時に女子大生様が
「友達に電話してていい?」
とおっしゃられたので、私も何気無しに
「全然構いませんよ♪」
と返事をし、通話中に舐め御奉仕させて頂く事になりました。

後に、この体験が今のバター犬の性癖の源になる事に・・・

座椅子に座りコタツに足を入れてらっしゃる女性様
私はコタツの対面側から潜り込み、女性様の足の間に、、、
女性様はすでに下半身のみすべて脱ぎ準備万端の状態でしたので
そのまま舐めご奉仕を開始させて頂きました♪
しばらくすると女性様がピッ・・ピッ・・ピッ・・ピッ・・
っと何処かへダイヤルし始めました。
「もしもし~、お疲れ~♪・・・・・」 
話の感じからどうやら大学の女性友達のようでしたが、
あまり聞き耳を立ててるのも失礼と思い
舐め犬として呼ばれてる私は自分の役目に没頭する事に。

5分・・10分・・・頭上でお友達と楽しくおしゃべりしている女性様☆
その間、私は通話相手の方にバレないように息を潜めて
大人しくペロペロ御奉仕させて頂きました。
女性様も楽しく会話しながらも、手持ちぶたさ解消に私の頭を
撫でたり髪をグシャっと掻き上げたり
頭を引き寄せアソコに押し付けて使って下さったりしておりました。

この時に、私の頭の中で
「あ!何かこれいいかもっ♡」
と、めちゃめちゃときめいたのを今でも鮮明に思い出します(*^o^*)


楽しく電話されてる女性様の意識は完全に通話相手の
お友達にいっているはずです。
股の間に挟んでいる私の存在などは、男の人というよりは
単なるクッションのような物
勝手にペロペロしておりますのでお友達との楽しいひと時を
お過ごし下さいませ~m(_ _)m

まさに私の理想のシチュエーションはこれだったのです☆

こうして、現在の

女性のオナニー道具

バター犬

は形成されていったのですね~♪はい☆(*^^*)

tuuwa.jpg


バター犬の舐め犬生活

(c) 2009 「バター犬の舐め犬生活」All Rights Reserved