バター犬の舐め犬日誌
バター犬の私は、ご婦人様方にとってただのオナニー道具にすぎません。そんな私の活動日誌です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職活動中の女性様に御奉仕☆
先日都内某所にて、20代OL様に5時間ほど舐め御奉仕してまいりました☆

女性様から初めてメールを貰ったのは、去年の秋頃でした・・・

「道具、で構わないのでしょうか。」
「物とか機械のような扱いでも構わないのでしょうか。」


私はもちろん「はい♪」と返事させていただきました(^^)

「順な犬に憧れはあります。」
「逆らうような子はいりません。」
「言うことを聞けない子もいりません。」
「ソファで本を読みながら、脚の間に挟んでいたり
「よし」というまで舐めさせてみたり…」
「そんなモノやペットのように扱ってみたいという願望があるのです。」
「もちろん、こんなこと…普通には言えませんけどね。」
「小水を誰かに飲ませる、というのは考えたことがありませんでしたけれど
それで興奮して下さるのなら…その様を見てみたい、とも思います。」
「ペロペロ、させてみたいなぁ…って思います。」
「溜まっているストレスのはけ口が欲しいの、かも。」


女性様から頂くメールの内容は、どれも私の心にズキュンと来るものでした(*^o^*)

モノやペットのように扱われ・・・
「よし」と言うまでひたすら舐めさせられ・・・
小水を飲まされながら下等な生物のように見下ろされ・・・
溜まっているストレスのはけ口に・・・

まさに私の理想とする関係置です~☆

「ではまた後日、連絡させて頂きます。」
「ドキドキしながら、楽しみにしていますね。」

というメールを最後に、昨年暮れ以降連絡が途絶えていたのですが

その日は突然やって来ました♪

「バター犬さん、お久しぶりです。」
「ぼぉっと読書でもしているので、」
「3、4時間ぐらいじっくり舐めてくれたりしてもらえませんか?」
「ちょっとストレスが溜まってきたので、発散したいんです。」


5か月ぶりのメールです♪
私はすぐにお返事をし、日程を調整してお会いする事となりました☆


いつものように、某駅前にて待ち合わせ。
待っていた女性様は・・・
メールの内容からはとても想像出来ない、黒髪ロングの清楚な女性様でした♪

「はじめまして♪」

挨拶もそこそこに、途中コンビニで軽食を買いつつホテルへ向かいました。

家から部屋着を持参されていた女性様は、軽くシャワーを浴びた後
本やお酒を片手にベットに横になられましたので、私もすぐに女性様の足元へ♪

いつものように太腿~アソコへと舌を這わせていきます☆
そしてパンツの上からアソコをペロペロ、、、
クロッチをずらして横から舌を差し込みます☆
ゆっくりパンツを下ろし、、、ここからは怒涛のクンニ御奉仕のスタートですw

顔面机上で私の顔に擦り付けて頂いたり、指を入れながらのクリ舐め、全身マッサージなどをしていると、女性様もウトウトと夢の中へ・・・Zzz

そしてあっというまに時間は経ってしまい、チェックアウトぎりぎりの時間に(>_<)
ほんとクンニしているとあっというまに時間が経ってしまいますね~

女性様とお別れをし、お礼のメールを送ると早速お返事を頂きました☆
「こちらこそ長時間有難うございました♪」
「いっぱい気持ちよくなれて、ストレスも発散です☆」
「新たな気持ちで転職活動頑張れそうです(^^)」
「またの機会があれば、どうぞよろしくお願いします。」


今回は5時間ほどのクンニでしたが、持って来た本をほとんど読む事が出来なかったようなので(^^
次回は是非メールで言っていた「ソファで本を読みながら、股の間に挟んで・・・」という願望を叶えて頂きたいと思います。

またのご用命お待ちしております(*^o^*)/

関連記事

バター犬の舐め犬生活

(c) 2009 「バター犬の舐め犬生活」All Rights Reserved



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。