バター犬の舐め犬日誌
バター犬の私は、ご婦人様方にとってただのオナニー道具にすぎません。そんな私の活動日誌です♪
パイパン女性様へ御奉仕☆
先日、1年振りぐらいに会う20代女性様に2時間ほどですが舐め御奉仕してまいりましたぁ☆

都内で秘書をされているという女性様☆
某48グループの○○さんに激似の、とても可愛らしい女性様です♪

去年お会いした時は
「最近舐め犬という存在を知りました。」
「ぺろぺろずっと舐めたり、おしっこ出したりしてみたいので、なんとも理想的です♪」
「一般的にみれば女性へのプラスばかりなのに、それが興奮するなんてびっくり♪」
「男の人をそんな風にして舐めさせたいっ(*^^*)」

と、舐め犬にとても興味をもって下さった女性様♪

ちょうど1年前の夏にバター犬をご利用頂き、「ベッドでのおしっこはまたリベンジさせてね。」とお約束をさせて頂いていたのですが、なかなかお互いのスケジュールが合わず(^^;

女性様とは、この1年間定期的にメールの遣り取りをしており
「舐めてほしいなぁ、してほしい舐め方もあるんだけと、最近仕事が忙しくて全然濡れないの(ノ_・。)」
「早く舐めてほしい…(ノ_・。)」
「今度こそ、おしっこベッドでしたいな(*^^*)」
「今すぐお部屋に来てほしい!笑」

と仰って下さっていたのですが
なかなか会えず、ず~っと申し訳なく思っていました(>_<)

そんなある日、女性様から「パイパンか毛有りどっちが好き?」と、質問され
「パイパンの方が舐めやすいです(*^o^*)」と答えていたのですが・・・

それから3ヶ月くらいしたある日、
「昨日つるつるにした!笑」
「急だけど、明日の夜とか空いてないよね?」

とのメール☆

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!


翌日、スケジュールの空いていた私はすぐに返信させて頂き、お会いする事に♪

いつものように駅にて待ち合わせ
そのままホテルへ直行いたしました☆

軽くシャワーを浴び、ベットに横になられる女性様に
足元からすぐに御奉仕させて頂きました♪

パンツのクロッチを横にずらし、舌を差し入れると
ツルッツルのアソコが舌にすごく心地良いです♪
そのままパンツを脱がし、アソコにむしゃぶりつきました(*^o^*)

ブラジリアンワックスでされたとの事で、全くジョリジョリ感も無くプニプニの感触☆
「あぁ~、もうこのまま一生ココに吸い付いていたい~♪」

しばらくすると
「上に座りたい」と女性様☆

顔面騎乗で舐め御奉仕していると、女性様も徐々に感じて腰を前後に♪
私の鼻にクリを強く擦り付けてこられたので、私も負けじと舌を精一杯膣口に伸ばします(*^^*)
そして、そのまま絶頂に・・・

女性様は一度イクとその後は敏感になってしまい、
どこを舐めてもくすぐったそうでしたので、しばらく休憩することに☆

途中「おしっこ出るかも」との事で、
ベットでそのまま私の口の中にしてもらおうかと思いましたが
無理そうでしたので、シャワールームでたっぷり飲ませて頂きました♪

その後は、時間までゆっくりとマッサーシしたりおしゃべりしたり・・・
そうこうしている間にチェックアウトの時間になり、
最後に、もう一度トイレ代わりに私の口を使って頂きましたぁ(*^o^*)/


今回は短い時間でしたが、パイパンクンニめっちゃ気持ち良かったです~♪
次回はぜひまた【ベットでのおしっこ】のリベンジと
メールで言っていた、【服着てノーパンにパンスト履いて~】を体験して下さいね(^^)/

6574763737.jpg

関連記事

バター犬の舐め犬生活

(c) 2009 「バター犬の舐め犬生活」All Rights Reserved